アナル処女の初めてをもらいました

女の子とエッチをする時には人によって興奮するポイントがあると思うのですが、私がエッチをするときに一番興奮する時は女の子の初めてをもらったときです。処女の女の子の初めてをもらう時や、女の子が今までしたことのない体位をしたときなど、とにかく女の子の初めてをもらった時に興奮するのです。だから私は出会い系サイトを利用するときには相手の女性がしたことをないことをチェックするようにしていました。そして私は最近女の子のアナルの初めてをもらうことにハマっていたので、出会い系サイトでアナルを経験したことがない女性を探していました。アナルを経験したことがある女性はそんなに多くないので、とにかく気になる女性がいればアプローチすることにしていました。すると、20代後半の女性がいたので連絡を取り合えるようにメッセージを送ってみました。彼女はプロフィール欄にエッチしてくれる人を募集していると書いてあったので、彼女とはすぐに連絡を取れると考えていました。そして、彼女は私の想像通りすぐに返信をしてくれたので、そこからメールでエッチな会話をするようになりました。彼女はエッチが大好きでセックスフレンドも数人いるということだったので、もしかしたらアナル経験があるかもしれないと思い、「そんなに経験あるならアナルファックはしたことありますか?」と送ってみました。すると彼女から「興味はあるけどしたことはないです」という返信が来たので、彼女のアナル処女をもらうことにしました。

私は出会い系サイトで知り合った彼女のアナル処女をもらいたいと思ったので、彼女に「私は女性のアナル処女をもらうことに慣れているので、私とアナルファックをしてみませんか?」と伝えてみました。すると、彼女から「ぜひお願いします。先にやっておくべきことはありますか?」という返信がきたので、彼女もノリノリであることが分かりました。私は「出来るだけアナルをほぐしておくとスムーズに出来ますよ」というメールを送っておきました。そして、彼女も十分にヤル気になっていたので、次の週末に彼女と会うことになりました。彼女の初めてのアナルをもらうということで、私はローションやディルドなどの道具を用意して彼女とのプレイに備えていました。彼女とアナルファックをする当日、待ち合わせ場所に車で行くとすでに彼女が待っていました。私は彼女に声をかけて車に乗せると、すぐにラブホテルに向かおうと思いました。しかし、彼女がお腹が空いたからご飯を食べたいと言ってきたので、仕方なく近くのファミレスに移動しました。私はすぐにでも彼女のアナル処女をもらいたかったのですが、機嫌を損ねてもらっても困るので彼女との会話を楽しみながらご飯を食べていました。彼女は初めてのアナルに緊張しているようで、私にアナルファックについて詳しく聞いてきました。私は彼女の不安を取り除こうと思い、今までヤってきた女の子の話やアナルファックの快感について説明してあげました。そして、彼女のお腹が満腹になったところでファミレスを出ると、車に乗ってラブホテルへと移動しました。

彼女とラブホテルの部屋に入ると私から「二人でシャワーを浴びよう。そこでアナルも洗ってあげる」と言いました。彼女は嫌がる様子はなく、すぐに服を脱いで浴室へと向かったので私も急いで服を脱いで彼女と一緒に浴室に入りました。まずはお互いの身体を洗いあっていたのですが、私は彼女のアナルが気になっていたので、彼女にお尻を向けてもらってアナルを確認しました。彼女はアナルの周りの毛をキレイに剃って見やすくしてくれていたので、私は彼女のアナルを優しく洗ってあげました。私が彼女のアナルを触るたびに彼女は身体をビクつかせていたので、どうやらアナルの感度は良さそうでした。私と彼女はシャワーを浴び終えると、二人でベッドへと移動しました。そして、アナルに挿れる前にはしっかりと興奮してもらっていた方がやりやすいので、彼女の胸やアソコを愛撫しました。彼女は感じやすい身体のようですぐにヌレヌレになっていたので、私は彼女のアナルの周りを弄り始めました。彼女は会った時に「指2本なら入るようになったよ」と言っていた通り、私の指もすぐに入るようになりました。そして、彼女のお尻を指で弄り始めて10分ほどしたところで、ローションで滑りやすくしながら私のムスコをゆっくり挿入しました。彼女のアナルに私のムスコを全部入れてから5分ほどゆっくり動いていました。しかし、彼女が痛そうにしていたので一旦抜いて、そこからは彼女のアソコでつながりました。結局普通にエッチしてフィニッシュまでいったのですが、彼女がアナルで気持ちよくなるところまではいけませんでした。それでも出会い系サイトで出会った女性のアナル処女をもらう興奮を味わうことが出来たので、私的には大満足でした。

大学生の童貞にフェラを教えてあげた

私は現在30代後半の熟女と呼ばれる年代に入ってきたバツイチの女性です。私は前の旦那と子供は出来なかったので、一人で寂しい夜を迎えることが多くありました。そんな寂しさから私は出会い系サイトを利用し始め、主に若い男性と身体の関係を作ることを目的にしていました。なぜ若い男性を狙っているかというと、若い男の子であれば性欲が強く私も満足できますし、相手の男の子も私自身も本気で恋をすることはないからでした。そして、いつもやっているように出会い系サイトで若い男性を探していると、プロフィールに童貞であることを書いている20代前半の大学生がいました。私は彼の童貞をもらいたいと思い、すぐに連絡を取り合いたいというメッセージを送りました。そこから彼とメールの交換が始まったのですが、彼は生まれてから20年以上一度も彼女を作ったことがなく、女性と話すことでさえ緊張してしまうという正真正銘の童貞でした。私はとりあえず彼の顔をチェックしたいと思い、私の写真を送ることと引き換えに彼の写真を送ってもらいました。彼の顔を見て驚いたのですが、私は一度も彼女ができないということは顔に問題があると思っていたのですが、彼の顔は結構なイケメンでとても童貞とは思えませんでした。私が「本当に童貞なの?絶対モテるでしょ」と送ると、「女の子に話しかけられても上手く話せないから全くモテないんです」と言ってきました。私はなんとしてでもこのイケメンの童貞をもらいたくなりました。

私は彼になぜ出会い系サイトを利用しているのか聞きました。ここで童貞を卒業したいからという返信が来たらすぐにでも彼の童貞をもらう気でいたのです。しかし、彼は「女の子に慣れたいから出会い系サイトで女性と会話の練習をしたかったのです」と送ってきました。私は彼の返信に少しがっかりしたのですが、私はまだ諦めてはいませんでした。20代前半ということは性欲が有り余っているはずなのでこちらから誘えば、すぐにでもノッてくる可能性があると考えたからです。私は少しずつ仕掛けようと思い「風俗で童貞を卒業したいとは思わなかったの?」と聞きました。すると彼は「風俗に行く勇気はなかったですし、ここまで来たら童貞を卒業するのは好きな人とがいいと思いました。」と言ってきました。ここで私は彼の童貞をもらうのはかなり難しいと気づいたのですが、ここで引き下がっては後悔すると思ったので私は彼に「じゃあ女性に慣れるために私と会ってみない?」と送りました。とりあえず彼に会ってさえしまえば、その先は流れでいけるかもしれないという淡い期待を込めたメールでした。そして、彼は私の誘いにノッてくれたので、彼と直接話す機会を作ることが出来ました。私が住んでいる場所と彼が住んでいる場所は割と近かったので私の家の近くの駅で待ち合わせをすることにしました。私はあらかじめ自分の部屋を掃除しておいていつでも彼を部屋にお持ち帰り出来るようにしてから彼との待ち合わせ場所へと向かいました。

私が待ち合わせ場所に着くと、出会い系サイトで確認していたイケメンの彼がすでに待っていました。私は彼に声をかけて私が友達とよく行っている個室の居酒屋に移動しました。彼は本当に女性に慣れていないようで、年の離れている私にでさえ緊張している様子でした。私と彼は乾杯をしてお酒を飲みながら話をすることにしました。彼の今までの恋愛について聞いていると、やはりイケメンだから女性が近づいてくることは多かったものの、上手く話すことが出来ず結局女の子が離れていくというパターンが多かったようです。私は彼の話を真剣に聞きながら時折女性からのアドバイスをしていました。そして、彼のお酒が進んできたところで「一回女性とエッチなことを経験すれば女の子に慣れるかもよ」と仕掛けてみました。しかし彼は酔っぱらっていても「初めては好きな人とがいいです」と頑なに拒んできました。私はそれじゃあということで「最後までしなければいいんじゃない?フェラだけとか」と誘ってみました。これには彼もかなり迷っているようだったので「経験することが大事なんだよ」と押してみたところ、「フェラだけなら」と彼も受けれてくれました。私は居酒屋を出ると彼を私の部屋へと連れて行きました。そして、我慢が出来なかった私は彼のベルトを外してズボンを下ろしました。彼はズボンを下ろしただけなのにすでにビンビンに勃起していてボクサーパンツの上からでも形がはっきりと分かりました。

私が「もうビンビンになってるね」とパンツの上から彼のアソコをなぞってあげると彼は気持ちよさそうな声を上げながら身体をビクビクさせていました。もう少し彼を焦らしてあげてもよかったのですが、私も早く彼のアソコを生で見てみたかったので、パンツを下ろしてあげました。彼のアソコは平均よりも長さも太さもすごかったのですが、なによりも驚いたのがその固さです。触ってみるとまるで鉄のようにカチカチで、私は思わず彼のアソコを口に入れてしまいました。突然のことに彼も驚いたようでアソコがビクビクッと動いたのがわかりました。ここまでしてしまったらもう止めることは出来なくて、私は彼に本気のフェラをしてあげました。私は喉の奥まで入れるのが得意だったので、彼のアソコが見えなくなるぐらいまで飲み込んであげました。彼は最初は我慢していたようですがすぐに限界がきて3分も持たずに射精しました。彼は「早すぎてすいません」と言ってきたのですが、私は彼のアソコに夢中だったので全然気にしていませんでした。彼は10分もすると復活してきたので、今度はゆっくり舐めてあげました。彼は2回目なのでさっきよりは我慢が出来たようなのですが、彼の玉を触りながらフェラしてあげたところで2回目の射精を迎えました。その日はそれが限界だったようなので「また今度フェラしてもいい?」と私が聞くと「ぜひお願いします」と言ってきました。それから出会い系サイトで出会った童貞の彼とはエッチはなしのフェラだけの関係になり、私のフェラのテクニックをしっかりと堪能してもらっています。

出会い系サイトで童貞卒業

私は生まれてから23年間彼女を作ったことがないまま社会人になってしまいました。大学では周りにたくさんの女子大生がいたので、いつかは彼女が出来るだろうと考えていたのですが自分から積極的に行動しなかったせいで全く女性と付き合うことが出来ませんでした。私は彼女が出来なかったことよりも童貞のまま社会人になったことに焦りを感じていたので、自分から積極的に動いて童貞を卒業しようと思いました。私は、彼女を作りたいわけではなく童貞を卒業することが目的だったので、風俗でもいいかもと考えたのですが、どうせなら一般の人で童貞を卒業したかったので出会い系サイトで女性を探すことにしました。プロフィールに童貞を卒業させてくれる人を探していることを書いていたら、30代前半の女性からメッセージが来ました。私は自分にメッセージが来たことが嬉しくて彼女とメールのやり取りをしていました。彼女は都内で働くOLで男性にリードするよりも、男性をリードしたい願望があり今まで数多くの童貞を奪ってきたと言っていました。私は彼女にリードされながら童貞を卒業したいという思いが出てきたので、彼女に「童貞卒業を手伝ってもらえませんか」と頼んでみました。すると、彼女は「もちろん。全部私に任せてね。」と言ってきたので、彼女と直接会う約束をしました。約束の日私は、ドキドキしながら待ち合わせ場所で待っていると、彼女が待ち合わせ時間ギリギリに到着しました。

彼女は写真で見たよりもずっとキレイな顔で、胸が大きな女性でした。私は彼女の身体を見ながら「この人とセックスできるんだ」と心の中で思っていました。すると彼女から「あー、やらしい目で見てるでしょ」と笑いながら言われました。私が照れ笑いをしていると彼女は私の手を引っ張って、近くのラブホテルへと連れ込みました。私は生まれて初めてのラブホテルを興味津々で見ていたのですが、彼女は慣れた感じでバッグを置くと、「よし、シャワー浴びよ」と言って服を脱ぎ始めました。私は女性の全裸を見たのは初めてだったので、彼女の身体を凝視しながら自分の服を脱ぎました。そして、彼女に手を引かれながら一緒にシャワーを浴びたのですが、シャワーを浴びている最中には彼女からキスをされたり、軽く手コキをされたりしました。それだけでもイきそうになったのですが、そこは何とか我慢してシャワーを出ました。彼女とベッドに入ると本番スタートです。彼女から「好きに触っていいよ」と言われたので、彼女の胸やお尻、そして彼女のアソコをいじりまくりました。私の下手な愛撫にも彼女は「気持ちいいよ」と言ってくれたので私も気分がよくなり、私のムスコも硬くなっていました。彼女は「じゃあ挿れるね」と言うと私のムスコにゴムをつけて騎乗位で童貞を奪ってくれました。私は初めての感触が気持ちよすぎて1分もたずに射精してしまいました。彼女と気まずい雰囲気になったのですが、私のムスコはすぐに回復して2回戦、3回戦をすることが出来たので、まだマシだったかなと思います。私は無事童貞を卒業することが出来たので、勇気を持って出会い系サイトを使ってよかったなと思いました。