初対面の男性との野外プレイ

セックスはホテルや部屋など室内でするのが普通だと思いますし、私も今まで室内でしかしたことがありませんでした。そんな私が出会い系サイトで出会った男性と初めての野外プレイをしたときの話です。私は付き合っていた彼氏がおり、彼とはセックスもしていて仲良くしていたものの、いつも物足りなさを感じていました。彼氏は優しくリードもしてくれるし、身体の相性も悪くはなかったのですが私がイクほどの刺激が足りず、何か新しいことをしたいと考えていました。そこで、野外プレイだったら今までとは違う快感を得られると思い、彼氏に野外プレイを提案したのですが、彼はそんなのは絶対に嫌だと言って、全く相手にしてくれませんでした。私は彼が嫌がるなら無理だと諦めようと思ったのですが、彼との野外プレイを想像していた私はもう我慢が出来なくなっていました。そこで一回だけならいいかと思い、出会い系サイトを利用して一緒に野外プレイをしてくれる人を探すことにしました。出会い系サイトにはたくさんの男性がいたのですが、その中でも私と同じ20代後半の男性と仲良くなって連絡を取り合っていました。お互い身体目的だということは分かっていたので、会う約束をするまでに時間はかからなかったのですが、ここで私は彼に「どうせなら野外プレイをしませんか?」と誘ってみました。すると、彼は「自分も野外プレイに興味があったんだ」と言ってきたので私は彼と野外プレイをする約束をしました。

彼との約束の当日、私と彼は待ち合わせ場所の公園に深夜に集まりました。彼はイケメンとは言えないものの爽やかな顔をしており、優しそうだなという印象を持ちました。彼と会うと、あいさつをしながら公園の周りを散歩をしました。その散歩中に人が来なさそうで、周りから見えにくい場所を探していたのですが、ランニングをしている人がいたり、カップルがデートをしていたりしてなかなか場所を見つけることが出来ませんでした。私と彼は歩き疲れてしまったので、ベンチに座って休むことにしたのですが、ベンチに座った瞬間彼が私にキスをしてきました。私は突然のことに驚いたのですが、嫌な気分はしなかったので彼のキスを受け入れていました。すると、彼のキスが激しくなると同時に私の服の中に手を入れて胸を揉んできました。私は初めて外で胸をもまれたことに興奮したので、彼のアソコを取り出して舐めてあげました。それから周りから見られているかもしれない状況の中で私はパンツを脱いで彼の上にまたがり、彼のアソコを私の中に挿入しました。私は野外でセックスをしているという状況に興奮してしまい、周りに聞こえるかもしれないぐらい声を出して感じてしまいました。彼も興奮しているようでベンチから立ち上がると私をバックでガンガン突いてきました。私はあまりの気持ちよさに何度もイってしまい、もう意識が飛びそうになっていたところで彼が私のお尻に発射しました。私は彼に「ありがとう、最高に気持ちよかったよ」と伝えました。出会い系サイトで会った彼との野外プレイはとても気持ちよかったので、また断られるかもしれませんが今度は彼氏とやってみたいなと思いました。